特殊清掃を必要とするひとへ » 【必読】特殊清掃を依頼する前に » 依頼のタイミング

依頼のタイミング

特殊清掃を頼むタイミングは警察による現場検証で部屋に立ち入ることが禁止されている時がベストです。依頼から作業完了までの流れの中から、依頼の最適なタイミングを見ていきましょう。

特殊清掃を依頼するタイミングは

特殊清掃を頼むタイミングはいつがよい?特殊清掃を依頼するタイミングは、警察による遺体の身元確認や現場検証が行なわれている間から終わった後になります。

なぜ、このタイミングで業者へ連絡をすることになるのでしょうか。

依頼から完了までの一連の流れの中で、最適な依頼タイミングを知っておきましょう。

依頼のタイミングと一連の流れ

1.遺体発見から警察への連絡

まず、周囲が異変に気づき、遺体を発見することとなりますが、このような場合はすべてが変死扱いとなるので、警察への連絡が必要となります。

なぜ警察に連絡しなければならないかと言うと死因の特定が困難だからです。

通常、病気などで倒れた場合は、そのまま救急車で病院へ運んでもらい、医者の立ち合いのもとで死亡を確認することになりますので、死因の特定は医者が行ないます。

しかし、何日もたって亡くなっていることがわかった場合、すでに身体が腐敗し、異臭が漂っていたり、ハエなどが大量に発生していることも多く、誰が見ても明らかに亡くなっているのがわかっても、なにが原因で亡くなったのか、他殺なのか自殺なのか、事故死なのか病死なのか、わかりません。

このような場合は発見後、すみやかに警察に連絡します。

連絡を受けた警察はその場を立ち入り禁止にして現場を保存し、検証を行なって、その死因を判断することになります。

2.特殊清掃業者への相談

ここで初めて特殊清掃の業者へ相談・依頼をすることとなります。

警察が現場検証している間は誰も部屋に立ち入ることができないので、この間に特殊清掃会社に相談をしておくとよいでしょう。

そうすれば、警察から立ち入り許可が出次第、清掃作業に入ることができます。

相談の際には、推測でいいので、いつ頃亡くなられたか、亡くなったことに気づいた経緯、わかればいつ頃現場に入ることができるだろうということを伝えます。

業者の方からは想定される作業日数や内容、見積もりに関してお話があるはずです。

3.現場の確認と見積もり

部屋の立ち入り禁止が解除されたら、特殊清掃のスタッフが現場に行き、部屋の状態を確認します。

遺品や家財の量、不用品などの処分についても確認をして、改めて作業内容や日数、費用の見積もりを出します。

4.作業

実際の特殊清掃はここからです。

消毒作業をして入室し、汚染箇所の解体や臭い止めの処置、不用品処分、遺産整理などを行ないます。

すべてが終わったら、遺族の方が立会いのもとで部屋の状態をチェックします。

清掃作業中の立ち合いは不要な場合がほとんどです。

作業は汚染が進まないように、なるべく早い日程で行なわれますが、近隣の方が困っているような状態の場合、業者によっては当日対応などをしてくれることもあります。

特殊清掃の必要が生じたら……5大都市圏別にピックアップした頼れる業者一覧はこちら

*このサイトに掲載している情報はあくまで個人で収集したものです(2015年7月現在)。詳しい情報については、かならず該当の公式ページをご確認ください。