特殊清掃を必要とするひとへ » 特殊清掃の実例集

特殊清掃の実例集

特殊清掃ではどのような作業を行なっているのか、実際の作業内容を知るためにも、多くの実例を見ていきましょう。ここでは各業者の実例を場所別に紹介します。

気になる実例集をチェック

ふだんの生活ではなかなか馴染みのない特殊清掃。

そのため実際にどのような作業を行なっているのか、よくわからないものです。

依頼案件は一つひとつ、建物の立地や間取り、汚染範囲などが違うため、作業内容がまったく同じということはありません。

それでも特殊清掃がどのように行なわれているかを知るために、今までの実例集を見ておくことは大切です。

特殊清掃ではどのような作業を行なっているのか、これまでの実例を具体的に紹介しましょう。

わかりやすいように、このカテゴリでは特殊清掃を行なう場所別に紹介をします。

もっとも作業が必要となるに、意外と臭いが残ってしまう、自殺やヒートショックなどにより亡くなる方が多い浴室、油が臭いを吸収してずっと残る換気扇――。

これらの場所で行なう特殊作業とはどのようなものなのか、イメージを掴むためにもぜひご覧ください。

作業工程でもっとも大切なのは“脱臭”

特殊清掃のなかでも、もっとも大切な作業は“脱臭”です。

長い間発見されないことが多い孤独死の場合、部屋中に死臭が染みついてしまうことが多々あります。

タンパク質が分解されて発生する、生物の独特な死臭は、汚染されている部分を元から除去しないかぎり根強く残るため、しっかりとした技術を持ちあわせた業者を選ばないと、のちのちトラブルになってしまうことも……。

「死臭を完全に除去するためにはどのような作業が必要なのか」「本当にこの作業内容は必要なのか」という心配も、実例を多く見ることでわかりやすくなります。

失敗のない業者を選ぶためにも、ぜひ多くの実例を知っておきましょう。

*このサイトに掲載している情報はあくまで個人で収集したものです(2015年7月現在)。詳しい情報については、かならず該当の公式ページをご確認ください。