特殊清掃を必要とするひとへ » 特殊清掃の実例集 » 実例2:壁

実例2:壁

体液が直接付着していなくとも腐敗臭は壁にまで染みこみます。どのように対処をするのか、特殊清掃の作業事例を紹介します。

*ひとによっては不快感を催す画像が掲載されていますので、閲覧の際にはお気をつけください。

石膏ボードにまで付着する臭いを排除

自分の生活に極度に無関心になった状態である「セルフネグレクト」による孤立死の特殊清掃を行なった事例です。

まず、濃度の濃い二酸化塩素を噴霧して消毒・除菌を行ないます。

故人の死因がわからなかったため、肝炎だった場合も想定し、感染症予防のためにも防護服は欠かせません。

部屋の中はゴミ屋敷のような状態で、ひどい腐敗臭が漂っていました。

布団には大量の体液が染み込んでいたため、床下や石膏ボードにまで体液が達している可能性が非常に高い状況でした。

さっそく遺品の整理と搬出をして、床材を確認します。

今回はカーペットの下が防音材とコンクリートになっていたため、壁紙と巾木、床のカーペット、防音材を剥がしていきます。

部屋の壁紙を剥がしたあとに鼻を近づけると、石膏ボードにまで臭いが染み付いていることがわかりました。

この場合、壁の石膏ボードの一部分にも体液が染み込んでいるので、その部分の箇所を限定して切り取り、同じ厚みの新品の石膏ボードを張り替える作業が必要です。

床下に流れた体液も清掃して、臭いを閉じ込めるコーティング剤を塗布。コーティングは3重に重ねることで臭いをしっかりと遮断します。

最終的にオゾン脱臭機を稼働させ、部屋全体の消臭を行ないます。

消臭が完全に終わったら通常のリフォームどおり、床材や壁紙を張り替えて終了です。

清掃前 清掃後
壁1:清掃前 壁1:清掃後

臭いの付いている壁紙をすべて取り除く

こちらは1Kアパートでの孤立死で、クッションフロアの床一面に大量の体液と血液が充満している現場だったとのこと。

足場が少ない状態での作業は困難でしたが、まず消毒剤の散布から開始。

床上の特殊清掃をして、表面上の体液と血液を取り除きます。

速乾性の脱脂洗浄剤も併用したので、この時点で当初よりも臭いがだいぶ少なくなりました。

その後、遺品整理を行ないました。

荷物を片づけたらクッションフロア、天井と壁のクロスもすべて剥がしていきます。

剥がし終えてから状態の確認をすると、巾木の下にはかなりの量の体液と血液が染み込んでいることがわかりました。

リフォームに関してはアパートの管理人が手配するようなので、こちらでは清掃のみを行ないます。

遺品整理や特殊清掃を終えたら、最後に床の掃き掃除と掃除機掛けなど簡易清掃をして作業終了です。

トイレやキッチン、バス周りも、こちらではしっかりと清掃をしています。

清掃中   清掃中
壁2:清掃中 壁2:清掃中

特殊清掃の必要が生じたら……5大都市圏別にピックアップした頼れる業者一覧はこちら

*このサイトに掲載している情報はあくまで個人で収集したものです(2015年7月現在)。詳しい情報については、かならず該当の公式ページをご確認ください。