特殊清掃を必要とするひとへ » 現代の社会問題がつくる特殊清掃現場 » ゴミ屋敷と孤独死の関係

ゴミ屋敷と孤独死の関係

生きることに興味をなくしてしまう「セルフネグレクト」が孤独死やゴミ屋敷の原因になっているといわれています。セルフネグレクトとは何か、またその特徴と傾向などを知っておきましょう。

近年増えているセルフネグレクトとは

セルフネグレクトとゴミ屋敷、孤独死の関係性を調べました孤独死(孤立死)は65歳以上の高齢者が多く、さらにその8割がセルフネグレクト(自己放任)が原因だと言われています。

セルフネグレクト(自己放任)は自分自身に関心がなくなり、人間関係を拒否したり日常生活をおろそかにしたりするなど、生きること自体に興味がなくなってしまうことです。

自分がどうなろうと関心がないため、満足な食事も取ることはもとより、入浴も拒否してしまったり、部屋のゴミを片づけず掃除もしなくなるという状態に陥ります。

体調を崩しても病院に行くこともしないため、そのまま悪化して亡くなってしまうこともあるのです。

セルフネグレクトの特徴や傾向

このようなセルフネグレクトは、ゴミ屋敷や孤独死(孤立死)と密接な関係があります。

普通の生活を送っていてもゴミはでますが、片づけようという気持ちや、ゴミを溜めたら汚いという気持ちがあるため、正常な感覚であればゴミ屋敷にはなりません。

しかし、セルフネグレクトの方は精神的に不安定でゴミを片づけることができず、部屋中を埋め尽くすほどのゴミの山ができても捨てることができないのです。

こうしてゴミが溜まった部屋は不衛生になるため、虫が発生したり体調を崩しやすくなったりします。

周りがゴミに囲まれているため、動くこともままならず、ついには部屋で排泄してしまうことさえあります。

生きることに投げやりなため、自然と周囲と関わることもなく社会から孤立化した場合、このような状態でもなかなか異変に気づかれることがありません。

そのままゴミの中で埋もれて孤独死(孤立死)してしまう方も多いのです。

さらにやっかいなことに、セルフネグレクトの方は「放っておいてほしい」と、支援の手も拒むことがほとんど。

第三者が勝手に部屋を掃除すると攻撃的になる傾向があるので、支援がとても困難です。

最近では、対人関係が苦手で引きこもりがちになる若者も多く、セルフネグレクトの若年化も進んでいます。

実際に特殊清掃やゴミ屋敷清掃を請け負う業者でも、仕事を請け負った時に若者宅である案件が最近は増えてきているそうです。

精神的にも体力的にもゴミを片づける気力がなく、ゴミ屋敷になってしまった部屋で寝ていたら、ゴミが崩れてそのまま圧迫死してしまうケースすらあります。

このような場合は、家族が訪ねてきても察することができず、腐敗が進んで死臭がただようようになって初めて気づくこともあるのです。

孤独死の原因となるセルフネグレクトを防ぐには

孤独死(孤立死)の大きな原因となっているセルフネグレクトを防ぐことで、近年増え続けている孤独死に歯止めをかけることは可能です。

では、具体的にどうすればよいのかというと、そうはいっても簡単ではなく、地域で支えるネットワークが重要となります。

高齢者の場合は、介護支援者などの活動により約6割の方が支援を受け入れて、セルフネグレクトを改善することができています。

見守りも必要だと言われますが、プライバシーを守りつつ、外側から見ただけの確認では不十分であり、難しいものです。

それでもなるべく外に出る機会を与え、人と触れ合う時間を増やすことで、生きるための活力は増していくものです。

翻って若者の場合は、セルフネグレクト予備軍かもしれないと思ったら、友人に相談をしたり、親族を頼ったりしてもよいでしょう。

セルフネグレクトを少しでも理解しながら生活環境を改善するきっかけを作れるよう、周囲の理解と支援でサポートしていくことが、孤独死を防ぐ有効な予防策になるかもしれません。

*このサイトに掲載している情報はあくまで個人で収集したものです(2015年7月現在)。詳しい情報については、かならず該当の公式ページをご確認ください。